当サイトについて

COVID-19のパンデミックで明らかになったように、現在ではスピード感を持った医学系研究の発表が求められています。さらに皆が健康な生活を送り、日本の医学系研究を促進するためには、研究者と一般の方の間の研究に関する理解のギャップを減らすことが重要です。しかし、医学系研究には、ことばの難解さや、研究を理解するために必要な知識が一般的でないことなど、様々な問題があります。そこで、本プロジェクトは、医学系研究者が研究発表等の情報を科学的な根拠に基づき正しく発信する際に

「どんなことが問題になるのか」を明らかにし、
「その問題をパターン化する」ことで理解を深め、
「気を付けたほうがよいことをわかりやすくまとめた手引きを作る」

ことを目的とします。詳しくは概要をご覧ください

2023/01/05

認定NPO法人 ささえあい医療人権センターCOMLのイベントで、一般の方々と手引き改定の意見交換が行われました。

12月17日(土)に、認定NPO法人 ささえあい医療人権センターCOMLの主催するイベントで、一般の方16名(対面8名、オンライン8名)との意見交換を行いました。特に一般の方に意見をお伺いしたい用語をプロジェクトメンバーから選定し、手引きの改定の為の議論が交わされました。

2022/11/24

11月22日(火) 第2回ワークショップが開催されました

2022年11月22日(火)2回目の「医学系研究をわかりやすく伝えるための手引き」〜プレスリリースをワンランクアップさせるワークショップ~が、市ヶ谷カンファレンスセンターにて開催されました。今回も、医学系研究を行う方や広報担当者など約20名の方にご参加いただき、それぞれの立場や視点から活発な議論が展開されました。ご参加された先生からは、スキルアップのためにワークショップ継続開催のご要望も聞かれました。

2022/10/20

10月14日㈮ ワークショップが開催されました。

2022年10月14日㈮「医学系研究をわかりやすく伝えるための手引き」〜プレスリリースをワンランクアップさせるワークショップ~が、市ヶ谷カンファレンスセンターにて開催されました。当日は、医学系研究を行う方や広報担当者など約20名の方にご参加いただき、活発な議論が展開されました。 ワークショップでは、プレスリリース作成のポイントを学ぶと共に、手引きを更に改善するためのアイデアが出されました。