難解語 感度、特異度

語の説明

医学系研究において、「感度」、「特異度」は、検査の性能を示す値として組み合わせて使われる用語である。
「感度」とは、病気の人が正しく病気であると判断される確率のこと。「特異度」とは、病気でない人が正しく病気でないと判断される確率のこと。

一般の人の
理解・認識

一般の人の「特異度」の認知率は22.0%だった。誤答率は68.9%で、多くの人がまれな病気を見つけるための検査を特異度が高い検査だと考えていた。語感から、遺伝子に関連する用語であることを連想する人もいた。なお、専門家でも「特異度」を正しく理解している人は半数程度にとどまっていた。

ポイント

そもそも一般の人は検査の結果が必ずしも正しくないことを認識していないかもしれない。さらに、日常生活で「感度」と「特異度」を共に使い、性能や当てはまりの良さを表現することはない。生活感覚を基に「感度」はおおよその見当はつけられても、「特異度」は見当がつかない。またこの2つの用語が組み合わせて使用されることもわからない。よって、これらの用語をそのまま使うのは避け、言い換える。

例えばこんな
言い換え
使い方

感度 →「病気の人のうち検査で陽性となる人の割合」
特異度 →「病気ではない人のうち検査で陰性となる人の割合」
「検査の感度と特異度が共に高いということは、病気の人を正しく見分け、病気でない人も正しく見分けられるということ」