難解語 横断研究

語の説明

「横断研究」は、ある一時点での、病気とその原因の関係を探る研究。病気の有無とある要因を持っているかどうかを同時に調べる。

一般の人の
理解・認識

「横断研究」という用語の認知率は9.0%で、聞いたことがないと回答したのは77.8%であった。「横断研究で病気を引き起こす原因がわかる」との誤答率は65.3%に上った。一般の人の意見では、分野「横断」的研究(専門家が専門の枠を超えて協力する研究)、職域「横断」的研究(チーム医療に関わるもの)、という誤解も多く見られた。

ポイント

「横断研究」はほぼ知られていない用語なので、脚注や言い換えが必要である。専門家は「縦断研究」と「横断研究」を対比させて考えるので、時間的な横断(ある一点)であることを知っているが、一般の人は「分野横断的」と考えがちである。「横断研究自体を説明してもまず理解されないので、結果の要点だけを説明することが多い」という専門家の意見もあった。研究そのものの説明よりは、「ある要因が病気の原因かどうかを横断研究のみで言うことはできない」点を念頭に置き、言い過ぎないようにする(なお、専門家でも間違えやすいので、誰か他の人にチェックしてもらうとよい)。

例えばこんな
言い換え
使い方

「この研究では緑茶を飲む習慣と要介護との関連を調べた。」