難解語 標準治療

注意!
一般の日本語とは使い方が違います

語の説明

科学的根拠に基づいた、現在利用できる最良の治療。

一般の人の
理解・認識

一般の人の53.5%は「標準治療」という用語を聞いたことがないと回答し、認知率は22.5%であった。そのうち、正答率は45.7%であった。しかし、「普通」「並み」「一般的な」治療との誤答率は29.6%、「基本的治療なので長時間変わらない」との誤答率が18.5%であった。その他、「最先端の治療」「保険が適用される治療」「最低限行われる治療」との誤解もあった。

ポイント

「標準治療」は一般に認知・理解されていない用語である。特に、「標準」=「一般的」という通常の日本語の意味に引きずられる誤解が多いので、かっこ書き等で補足が必要である。誤解により、医師-患者間のコミュニケーションに影響することがあるので、丁寧な説明が求められる。
「標準治療=最善の治療」と工夫して説明している医療者もいる。また、「最善」という意味が伝わるように、英語では「ゴールドスタンダード(gold standard)」と呼ばれることを付記するのもよい。

例えばこんな
言い換え
使い方

「現在科学的に効果が確かめられている、最も効果的な治療」